2019 アルザス グラン・クリュ リースリング ペルシベルグ オーテル ヴィエイユ・ヴィーニュ / ポール・ジャングランジェ:Paul Ginglinger
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

2019 アルザス グラン・クリュ リースリング ペルシベルグ オーテル ヴィエイユ・ヴィーニュ / ポール・ジャングランジェ:Paul Ginglinger

¥3,800 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

熟したリンゴや柑橘果実を想わせる香り。凝縮度の高い果実味と豊かなミネラル、持続性のある酸が魅力のグランクリュ。 ■地方:アルザス ■品種:リースリング 100% ■味わい:辛口 ■ビオ情報:ビオロジック ドメーヌ・ポール・ジャングランジェは、エギスハイムの地に1636年に設立された由緒ある造り手です。ドメーヌのあるエギスハイム村は「フランスの最も美しい村」の一つにも数えられるアルザス地方でも有数の美観地区で、美食の街としても知られています。 ドメーヌの規模は大変小さいですが、「アイシュベルグ」と「ペルシベルグ」の二つのグラン・クリュを所有しています。現在は、2000年にドメーヌを継いだ 13代目のミッシェル氏とその妻ロレットが中心となりワイナリーを運営しています。日本における知名度はまだそれほどではありませんが、地元フランスでは上記2つのグラン・クリュがレヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス誌で居並ぶビッグ・ネームと肩を並べ最高評価を獲得するなど、近年グングンと頭角を現してきています。 また、亜硫酸の使用も最小限に抑えられており、その造りは「自然派」と呼んでもいいほど。ミッシェル氏の造るワインは、きれいな酸にささえられたストレートな魅力を放つスタイルが特徴です。